アイメイクの基本と上手な塗り方

アイメイクの基本と上手な塗り方

アイメイクは顔の印象を決める重要な部分です。
それだけに
アイメイクが薄ければナチュラルに濃くなれば派手な印象を与えることが出来ます。

 

アイメイクとはアイシャドー・アイライン・マスカラ・アイブロウのことを一般的に差します。

 

アイシャドーの基本的な塗り方

 

印象付けたい雰囲気にもよりますが基本的にはまぶたの広い部分から塗ります。
まぶたの上からしたへ目じりから目頭、また目頭から目じりへとぎざぎざと塗ります。
その後に二重の幅に色を重ねると奥行きが出たりぼかすとやさしい印象になります。
目の下は小さなパフチップなどで目じりから目頭に向かってつけていきます。
まぶた同様涙袋へのせる色によっても印象が変わるのがアイシャドウの魅力です。

 

アイラインの種類と二重の幅

 

アイラインの種類もリキッドやペンシルなど様々な種類がありますが
ひきたいラインの太さや目の二重の幅などで選んぶのがおすすめです。

 

くっきり二重の人は濃くなりすぎないようにペンシルで引いてぼかしたり
奥二重の人は目じりにだけリキッドアイライナーやカラーのアイライナーをひくと
印象がエキゾチックになります。


 
トップページ アイメイクの基本と上手な塗り方 ファンデーションの種類とコンシーラーの上手な使い方